フィリピン留学の費用とエージェント手数料

フィリピン留学の語学研修の利点ですが、その一つとして、低費用があります。ほかの英語圏の国に比べ、半分程度の費用で英語留学ができるとのことですが、どのくらい安いのか、フィリピン留学費用について「フィリピン留学の費用分析マシンX」が徹底に分析します。

フィリピン留学の語学研修費用 ~登録料と授業料、エージェント手数料~

フィリピン留学の登録料

登録料は、ほとんどのフィリピン語学学校が1万円前後です。一部の学校では1万円以上の登録料を請求するところもあります。
登録料は、留学後にも返金されない費用です。途中キャンセルによる返金もできないところがありますので、学校選定を十分に確認した上で、検討をする必要があります。

フィリピン留学の授業料

学費は4週間を基準として5万円から〜7万円ウォン程度となります。
ほかの英語圏の国でもこの程度の費用がかかるところがありますが、授業構成を考慮した実費用を確認すると、フィリピンの方があるかに安いです。フィリピン語学学校の授業時間は、1日6時間から10時間であり、マンツーマン授業が含まれています。ほかの国が同じ授業料であれば、授業時間が半分程度のはずです。
フィリピン留学は費用だけが安いのではなく、授業時間に比べて授業料が安いということが
一番のメリットと言えます。

フィリピン留学のエージェント手数料

日本には数多いフィリピン留学のエージェントがあり、かかる手数料も大きく差分が発生しています。フィリピン留学の費用を節約したいのであれば、フィリピン留学費用の節減ならRyugaku4uエージェント(URLは http://ryugaku4u.com/)をおすすめします。手数料が無料なので、費用がさらに安くなります。

 

Posted in 費用削減の方法について | Leave a comment

フィリピン留学の費用 – その他の費用

前回までの投稿でフィリピン留学の費用について、登録料と授業料、エージェント手数料、寮の費用などを調べましたが、今回は、フィリピン留学費用分析の最後として、その他の費用について記述してみます。

その他の費用

フィリピン留学のその他の費用は、語学学校を登録する際に支払う授業料(通常10万円前後)、留学生保険(期間によって異なりますが、6ヶ月間で約1万円程度)と現地で支払うSSP費用と教材費用、ビザ更新費、電気代などがあります。

SSP費用
SSPは、フィリピン留学の際に受けるもですが、8週間の語学研修までは必要ありませんが、その以上であれば必要となります。

フィリピン留学の電気代と水道
フィリピンは、電気代と水道代が割と高いですので、自分が使用した分だけを支払うことが原則です。シングルタイプではなく、3,4人部屋を使用した場合には、人数で分けて支払うので、その分、節約することができます。ですが、自分は寒いので、他の人がエアコンを付けたりすると費用は上がるので、一緒に部屋を使う人とうまくコミュニケーションする必要があります。

教材費用
授業で使う教材は、授業料に含まれているカースと含まれていないケースがありますので事前確認がひつようです。授業料に含まれていない場合ですと、現地で支払うことになります。

Posted in 費用削減の方法について | Leave a comment

フィリピン留学の費用 ~安い理由について分析~

今日の投稿では前回に続き、フィリピン留学の費用が安い理由について調べてみます。
フィリピン留学の寮の費用についてですが、費用の偏差が大きい要因を以下にまとめてみました。

寮のタイプ
フィリピン留学の寮で費用の偏差が発生する理由として、まず、寮のタイプを挙げられます。
寮のタイプでは、シングル、ダブル、トリプルなどがありますが、当然、シングルが一番費用がかかります。でも、シングルタイプはスペースが狭かったり、一番端っこにあったりするケースもあるので、また、ほとんどの時間を学校で過ごす場合がおおいので、寮のタイプこだわる必要はあまりないのかなと思います。寝る時間以外には寮で過ごす時間があまりないので、まわをあまりきにしないタイプであれば、3人室以上の選択して、費用を削減することをおすすめします。

寮の施設レベル
寮の施設レベルが高い(たとえば、新築、ホテル式、リーモデリングなど)語学学校は費用も高くなります。しかし、費用の面を考えすぎたあまり、確認もせずに安いところを選択してはいけません。フィリピン留学でかなりの安価な費用のところもありますが、安すぎると施設が古いところの可能性が高いです。掲載された写真と実物が全く違ったりするケースもありますので、ご注意ください。

Posted in 費用削減の方法について | Leave a comment

フィリピン留学の費用を削減する方法と留意点

フィリピン留学の費用を削減する方法と留意点について記述してみます。

特別割引キャンペインを利用
フィリピン留学の費用を削減するためには、特別割引キャンペインを利用する場合がありますが、
検証されていない特別割引や詳細な条件を考えずに無条件で登録すると、これはダメです。

特別割引を餌にするところもあり
いくつかのフィリピン語学学校やフィリピン留学のエージェントは、特別割引を餌にしてフィリピン留学を検討している顧客を募集する場合があります。ノマジンとか手数料なしとか、または損するような印象まで流して、顧客を誘惑します。
しかし、どんな会社でも安定した収入と体制を維持するために、最小限の利益が必要です。ですので、通常の会社であれば、常識を破壊するレベルの、特別割引キャンペインは実施しません。

合理的なレベルでのプロモーションが良い
ですので、半額割引のような刺激的なフレーズで営業するエージェントは、まず詳細の条件をきちんと確認する必要があります。語学学校は問題ない学校なのか、出された条件が一般条件と違う点は何か、制約事項にはなにがあるか、などです。

通常は、合理的なレベルでのプロモーションと特別割引が信頼できますので、合理的な範囲を外れている場合、必ずしも要チェックが必要です。

Posted in 留意点について | Leave a comment

フィリピン留学の費用が安い理由とは

フィリピン留学の費用 ~費用が安い理由は?~

フィリピン留学の費用を決定する要因はいろいろありますが、整理すると以下の通りです。

  • 講師のレベル

まず、ひとつ目に挙げられるのは、講師のシステムレベルです。ちゃんとしたシステムが構築されているフィリピン留学の語学学校は、チューター管理がより徹底しています。優れたチューターを採用するために正社員として雇用するので、給料のレベルも他の学校よりも高く支給しています。

  • 授業オプション

同じ語学学校でも授業オプションにより、フィリピン留学の授業料が異なります。
マンツーマンレッスン、グループレッスン、ネイティブクラスなどの授業の構成により、大きく変わりますが、マンツーマンレッスンが多ければ多いほど、グループレッスンの人数が少なければ少ないほど、授業料が高く設定されます。

  • 寮の費用

フィリピン留学の寮の費用は、授業料に比べてもっと偏差があります。通常、4週間の寮の費用費は3万円から8万円程度です。
寮の費用に偏差が大きく発生する理由は次回の投稿でお話しします。

Posted in 費用削減の方法について | Leave a comment